記事一覧

アトピー乳児卵摂取を



2017年6月17日山梨日日新聞より
アトピー乳児の指導修正「生後半年から卵摂取を」 と記事が載りました。






10年活動してきた中で、この、卵アレルギーを軽減させるには、除去より食べならせ が希望が持てることを医師にも理解してもらいたいと願っていましたが、







予防的な意味合いで、摂取を勧めることになったんですね。






すでに卵アレルギーを発症している場合は例外だそうですが、我が家の場合でいうと、





重度アトピー&卵アレルギーだった長男は、一歳まえに卵食べならせを アナフィラキシー起こす失敗をしながら、それでも少しずつたべさせ、加熱ならOKになり、高校生には生卵も大丈夫になれました。






やはり重度アトピーの次男は、卵はあまりアレルギー反応もなく加熱なら少量たべていたものの、生をあげなかったからなのか、中学生の今も生や半熟は口の中が痒くなる。






一番軽度の末っ子は、アトピーがあっても卵たべさせても大丈夫。生も最近初めて食べてみたけど大好き。
アトピーでも、みんな症状はそれぞれです。食べさせたから卵アレルギーにならなかったのかどうかはわからないけれど、卵アレルギーでも食べさせたから慣れたことはわかります。






長男次男とも、世の中卵除去世代は、未だに卵が食べられない子が多いなか、医師不在で個人の責任の中で誰にもお勧めはできませんが、(詳しくは拙著)こうしてたべさせてきて我が家は良かった。






活動でも、医師が理解を示してくれない時代は、食べさせたいママ達を励ましたり、医療現場に声を届けたりする活動の必要性を感じて必死でした。段々と現場の意識や医療見解も変わり、こうして改めて学会で発表されるのを見届けられると、もう活動しなくてもいいんだなと、沸き上がる気持ちも無くなり、本当に卒業出来たんだなと改めてかんじました。





これからは、アトピーやアレルギーを持った子育てをすることになったママ達でも、楽しく子育てしながら健康に育てられる情報や医療にたどり着ける可能性が増えましたね。嬉しい。どうか、同じようにアトピーやアレルギーを持って産まれて来ても、対応の違いで持病にさせませんように。。お祈りします。






本日も訪問過去記事にまで拍手コメントありがとうございます
関連記事

プロフィール

TAKEKAWA

Author:TAKEKAWA
生まれも育ちも山梨県甲州市塩山。 
山梨の田舎で3人の子育て中の、公私混同きまぐれブログです。

2006年から、アトピー子育て支援活動を10年し、現在は休止中(拙著「子どものアトピーは自然に治す」)
-アトピー子育て支援ーTAKES⇒http://a-takes.jp/
活動専用メール✉a.kosodate@gmail.com

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2アフィリエイト