記事一覧

大輪の花の咲かせ方


小さな庭の手入れもままならない、ずぼらな私ですが、




チューリップや百合、和花など 、特別手をかけずとも毎年時期になれば芽吹いてくれる 球根や宿根草は 庭のあちこちに無造作に植えておけば、綺麗に咲いてくれて大好き。





とくに クレマチスは 、冬の間 汚い枯れ枝をとらずに我慢しておけば、毎年毎年段々と株を大きくさせながら綺麗に咲いてくれて、人生や子育ての色々に重ねて想いを巡らせることができて 、大好きな花なのです。が、、、






昨年は誤って枯れ枝を雑草と一緒にむしってしまい、見事につぼみが付かず、
今年こそは!と 大事に見守っていましたら、






沢山のつぼみをつけて復活! 今年は、大きくなってきて、絡まらなくなった枝の先端を 誘引して、紐でしばってみようなんて珍しく手をいれ、 あとは咲くのを待つのみ!
こうして枝の癖をつけておけば、来年はその方向に自然に伸びてくれ、もっとたくさん大輪の花を咲かせてくれるはず





と、おもっていたのに。。






なんと、 まさかの 失敗。
誘引が無理があったのか、沢山のつぼみをつけたまま 枯れてしまいました。





私にとっては、 こっちに延びてほしい、大きくなってほしいという希望の誘引も、クレマチスにとっては苦しかったんですね。






誘引した先だけでなく、もともとの根元の枝までが枯れてつぼみがゼンメツしてしまいました。





今までのままほっておくと、枝が余って垂れ下がるから、その行き先をつくってあげただけなのに。どうすればよかったんだろうか。。






自然に伸びてくるまで待てばよかったんだろうか。大きな株に成長させたいなんて、欲をかかなければよかったのか。まさかの全滅に凹んでいます。





そっと紐をほどいたら、力なくうなだれて、本当に悲しい本日です。。
本日も訪問、過去記事にまで拍手ありがとうございます。でも、きっと、身代わりになり教えてくれたんだと思うようにします。
理想をおしつけ無理矢理整えるのではなく、子育ても仕事も、私の誘引で無理がたたらないようにしたい。。
関連記事

プロフィール

tokimekinet14

Author:tokimekinet14
生まれも育ちも山梨県甲州市塩山。 
山梨の田舎で3人の子育て中の、公私混同きまぐれブログです。

2006年から、アトピー子育て支援活動を10年し、現在は休止中(拙著「子どものアトピーは自然に治す」)
-アトピー子育て支援ーTAKES⇒http://a-takes.jp/
活動専用メール✉a.kosodate@gmail.com

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2アフィリエイト