記事一覧

アレルギーを防ぐには



読売新聞、2017年3月1日に アトピー性皮膚炎になった赤ちゃんがアレルギーマーチにより食物アレルギーや花粉症になりやすいと のっていました。






アレルギーマーチを防ぐには、保湿が大切、炎症は早めに塗り薬で治す、肌を清潔に保つ とありました。国立成育医療研究先端大矢幸弘さんが提唱し、今の治療のスタンダードですね。






アトピーに保湿もしない塗り薬でも治さない治療で、完治の率が大きく優位にあった論文が出ましたが、肌を薬で綺麗にすることが大切という見解から 標準治療は大きく動くことはないのだろうなあ、と感じ、






自然に治るではなく、自然に治したほうが アレルギーマーチの抑制やアトピーの治癒率が高い とはならないのだなあ と、我が家の経験も含め、多くの方が経験していることは





やはりスタンダードにはなり得ないと改めて感じた先日。






アレルギーマーチという言葉に怯えていた17年前、どうなるのか不安で毎日泣いていました。高校生まで通ってきなさいと言われたアトピーや喘息、食べられなかったあれこれも、自然に治っちゃったとされるんだろうなあ と思うと、





自然に治すように努力してきた母親人生も、同じく不安なママ達の支援がしたくてTAKESで活動したことも、理解はされないんだろうなあとなんだか馬鹿馬鹿しく思えてしまって、





ちょっと残念なきもちになってしまったけれど、でも、自然に治る というケースもアレルギーマーチな所に書かれるようになって、アトピーになったら最後、抜けられない!と判を押されたあの頃よりは ママ達の気持ちも救われるのかなあと思いました。






活動を休止しても、旦那がこの手の情報を届けてくれますが、私はもう、区切りをつけてアレルギーアトピー話題を見ても動じない気持ちで 生活していこうと、自分に言い聞かせています。少し前なら、沸き上がる気持ちで活動してしまったけれど、今は、仕事とわたくし事に集中してパワーを注ぐことにします。。本日も訪問過去記事にまで拍手コメントありがとうございます。

大丈夫、治るよとは言ってあげられないけれど、大丈夫、治ったよ と伝えて アトピーになってもアレルギーになっても、八方塞がりではないよと励ましてあげたい。そんなまとめはTAKESの冊子、DVD、または拙著で➡
関連記事

プロフィール

tokimekinet14

Author:tokimekinet14
生まれも育ちも山梨県甲州市塩山。 
山梨の田舎で3人の子育て中の、公私混同きまぐれブログです。

2006年から、アトピー子育て支援活動を10年し、現在は休止中(拙著「子どものアトピーは自然に治す」)
-アトピー子育て支援ーTAKES⇒http://a-takes.jp/
活動専用メール✉a.kosodate@gmail.com

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2アフィリエイト