記事一覧

おばあちゃんにしてあげる

ママ、お母さん、おばちゃん、おばさん、おばちゃん、奥さん、奥さま、若女将、女将さん、おねえさん、竹川さん、先生、カスミン、かすみ、かすみさんはイントネーションで2パターン、(頭を強く発音する山梨の独特イントネーションね)





色々な呼び方で呼ばれますが、





嬉しい呼び方、しっくり来る呼び方、 嬉しくない呼び方、気恥ずかしい呼び方、
色々あります。




どの呼び名に自分を合わせるか、





相手との距離感はどの辺か、





名は体を現す と言うけれど、呼ばれ方で自分がどうみられているか解るし、自分をどう扱って欲しいかは、こう呼んで下さいと頼むときに 自分の立ち位置がわかる気がします。







どうなりたいか、どう扱って欲しいか、そうは呼ばないで!とか、そう呼ばれるのにふさわしい立ち振舞いをしなくちゃ!とか、色々が分かれておもしろい。





ひとつではない、呼ばれ方の数だけ ‘’わたし‘’ がいます。本日も訪問過去記事にまで拍手コメントありがとうございます。娘から、「将来子供を産んで、お母さんをおばあちゃんにしてあげるね~♪」と、言われての独り言。娘は名言が多いこと……




子供達のおかげで、おかあさんにもなれて、おばあちゃんにもさせてもらえますね。ありがとう。それだけでも幸せだけれど、お母さんには、
おばあちゃんになるまえに、経験したい、板につけたい呼び名があるのよ。。
関連記事

プロフィール

tokimekinet14

Author:tokimekinet14
生まれも育ちも山梨県甲州市塩山。 
山梨の田舎で3人の子育て中の、公私混同きまぐれブログです。

2006年から、アトピー子育て支援活動を10年し、現在は休止中(拙著「子どものアトピーは自然に治す」)
-アトピー子育て支援ーTAKES⇒http://a-takes.jp/
活動専用メール✉a.kosodate@gmail.com

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2アフィリエイト