記事一覧

言い訳にしない!



オリンピックが終わり、パラリンピックの余韻も段々と静まってきて、テレビや新聞も、次回東京オリンピックに絡んだらニュースが取り上げられるようになりましたね。






昨日はメダリストによるパレードが行われたとのこと。意外でしたが、パラリンピックの選手達も一緒に参加してのパレードは初めてらしいですよ。一緒に扱ってもらえるようになって、本当に嬉しいでしょうね。





わたしはまた、パラリンピックの開会式の衝撃を思い出しています。
テレビに釘付けでした。




開会式で美しく踊る女性の足元は、よくみると 義足。でも、バレリーナや新体操の選手のような足の甲がしっかり出た美しいつま先立ち。義足とは気がつかないほど優雅に踊っていました。と思ったら、次は義足を履き替え登場。しかも鉄の板みたいな物がむき出し!足の形と色をした義足と違って、バネのような黒い棒が、しっかりと主張してスカートの下から伸びていて。一瞬、黒いブーツかと見間違う違うほど、軽やかに踊っていて美しかった。






欠けているものに負けて逃げたり暗い顔で下を向かず、現状を隠す、穴埋めする、とりあえず補助する意味合いではなく、欠けている現実を受け止め、より高みを目指す。そして欠損を感じさせない堂々とした立ち振舞い。さらに、女性としての美しさも表現して、よりよいパフォーマンスの為に自らの現実をさらけ出す。





他にも、目や耳が不自由、車イスなど、生まれながら、また人生の途中からハンディを持っている彼らを理解して支えて応援する技術の進歩のお陰もあるけれど、





世界の舞台で競う姿に圧倒されてしまい、健常に生まれてきているというのに、彼らのようにチャレンジや努力や笑顔を思いきり出しきっているのかな
と、自分が恥ずかしくなってしまいました。





変えられない現実や現状にうちひしがれ立ち止まることも健常者だってあるけれど、完璧でない欠損していること、アクシデントで諦めてしまわずに、そこから這い上がっていく。より上を目指す。努力はもちろん、決して自分を恥ずかしがらずにさらけ出して、笑顔で楽しむ。






オリンピックは、ただただ凄いなあ、特別な人達だよなあと遠くから眺めましたが、パラリンピックは我が身を振り返り、彼らに近づきたいなあと思わせてもらえました!素晴らしい方々に脱帽、拍手!





本日も訪問過去記事にまで拍手ありがとうございます。凡人の私はオリンピックに出るのが夢なんて思ったこともないけれど、不出来な私なりにパラリンピックに臨む気持ちで人生に取り組んだら、もっと変われるかな。 「障害を言い訳にしたくない」 と影で努力し笑顔で楽しむ姿は素敵。
関連記事

プロフィール

TAKEKAWA

Author:TAKEKAWA
生まれも育ちも山梨県甲州市塩山。 
山梨の田舎で3人の子育て中の、公私混同きまぐれブログです。

2006年から、アトピー子育て支援活動を10年し、現在は休止中(拙著「子どものアトピーは自然に治す」)
-アトピー子育て支援ーTAKES⇒http://a-takes.jp/
活動専用メール✉a.kosodate@gmail.com

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2アフィリエイト