記事一覧

山梨日日新聞掲載アトピー治療「30代でなぜ悪化?」



2015年10月1日 山梨日日新聞に「アトピー性皮膚炎30代で悪化なぜ?」の記事。
回答者は、山梨大学附属病院皮膚科 三井広 医師






アトピー患者の総数は変わっていないけれど、成人患者が増えていると推測されているようです。
その原因を解説くださっています。






基本的な治療は成人も子どもも同じ。
安全性と効果が立証されているステロイド軟膏とタクロリウム軟膏、効果がない場合はステロイド内服薬。






また、日頃から保湿剤を塗り乳幼児のアトピー発症を抑制しようという試みも始まっていて、また、新薬も治験で素晴らしい成果が挙がり近い将来実用化される見通しとのこと。







特に目立った新しい見解ではなく、我が家の子どもたちがアトピー発症し治療を模索した15年前と なにも変わってはいない様子です。
もちろんその間、新薬(プロトピック)が実用化されたり、ステロイドの説明がだいぶ増えたり、漢方なども扱う病院もふえたり、など




ステロイド治療の説明や処方があいまいで、使用の間違いによる トラブルが多かった過ちが改善されるような流れは感じますが、






基本、定期的な治療で症状を落ち着かせよう という見解。





たしか、数年前、急に「ステロイド治療してひどくしなければ治る!大人になっても治らない人は薬をまちがって使っている!」と 新聞テレビで発信が続き、







患者が体験している、 ステロイドを卒業しようと試みている道のり(ステロイドを使わない、またはやめる)を 完全に否定し、「ステロイドで治る!」というイメージを作りたい印象がありました。※リンク張ります




でも、今回は、納得の「症状を落ち着かせよう」の見解。アトピー治療の標準的な治療の目標は、治すことではないんですよね。皮膚炎を抑える対処療法が、治療の主軸です。
「ステロイドしてれば治る!」と言い切った朝日新聞やNHKの放送に怒った時とは違い、落ち着いて読める解説です。※リンク張ります






多くのママたちがステロイド治療を選んでいて、納得しているのは、アトピーとはわからないように症状を落ち着かせられるから。
「なかなか治らないんです」と相談されますが、治す治療ではないんですよね。
でも、何となく薬が卒業出来る湿疹が多いから、否定はもちろんしないし良くなることを応援しています。





さて、そんな標準治療の設定に反発しているのは、経験者達。また、その声を真摯に受け止め治療にいかしてくださる 脱ステ非ステ医と表現されることがある、皮膚科小児科医師達や、






東洋医学 や 民間療法や アトピービジネス。





そちら側からの考え方は、
まったくもって、皮膚科学会 と 平行線をたどっているのです。実際わたしは、色々な角度から情報収集し3人の子ども達の重度のアトピーにステロイドを使用しなかったのですが(※詳細は拙著)、決してステロイドを否定しているわけはないんです。





別の病気で内服や点滴したことあるしね。他に方法がなかったし、自分でもそれにかけてみよう
と思えたから。





でも、アトピーは別でした。結局治せない治療だという現実を周囲に見ていたから、迷ったし、考えたし、治った人達の共通点を集めた。





でも、つらい症状を落ち着かせようとこの治療選ぶ人が沢山いることも知っています。TAKESの仲間にも周囲にも多くいる。だから、なるべく副作用の起きにくい薬の処方と、使用方法が出来る指導が増えてほしいし、






頼りになる医療機関が増えてほしい と思います。だって、未だに、なんの説明ない病院や、あやしい処方があるからね。商品売るためにステロイドの毒がと脅したり。本当にやめてほしい。






一方で、こうして成人になるまで症状を持ち越さない育てかた、治療や経過の受け止めかたもあることは事実。医学的にステロイドを使用しない予後の論文発表を待つ段階ですが(数件の病院で研究中)、今後皮膚科学会の標準治療がかわる時が来るまで待つのか、






それとも、こうした発信を見ながら、「薬だけじゃダメなのかも。」と気がついて、上手く情報の取捨選択をしながら、
アトピーを卒業してくるのか。






なぜ三十代でアトピー悪化?






その答えは、経験者たちの生の声も 参考にしながら、出すことも必要ではないでしょうか。





楽あれば 苦あり





苦あれば楽あり





本日も訪問拍手コメントありがとうございます。アトピー話題はTwitterで。
どっちつかずかな?わたし。
関連記事

プロフィール

tokimekinet14

Author:tokimekinet14
生まれも育ちも山梨県甲州市塩山。 
山梨の田舎で3人の子育て中の、公私混同きまぐれブログです。

2006年から、アトピー子育て支援活動を10年し、現在は休止中(拙著「子どものアトピーは自然に治す」)
-アトピー子育て支援ーTAKES⇒http://a-takes.jp/
活動専用メール✉a.kosodate@gmail.com

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2アフィリエイト