記事一覧

薬の力! 無農薬、 減農薬 、gpAp


夏野菜の季節ですね!
我が実家の虫食い畑も トウモロコシが豊作です。





剥いてみると





いつもと様子が違う。虫が小さい。少ない。






いままでは、店先販売や家庭用は完全無農薬で作っていたので(出荷じゃないから許される。)過去にもブログしていますが、虫がにょろにょろ。我が家のお決まり。






出荷するのはそうはいかないし、指導ではどのくらいまくのかな。最近は昔よりかなり減農薬になりましたね。それでも知り合いの農薬大好きさんは、「みんなより薬を多くまくから、うちは桃も野菜も立派だろう!」と自慢していますが、内心 ………な私。







今年の我が家はどう薬の力を借りたのか聞いたら、実がなる前に一度だけ。それだけで、最初に寄せ付けないので 実がなってからの虫食いが格段に減りました。






肌トラブル子育てでも、絶対なにがなんでも どんな季節も脱保湿!ステロイドもどんな治療でも絶対悪!と、秋冬にケアしない人やステロイド治療している人を全否定する人もいますが、内心、そこは臨機応変、認めてもよいんじゃないかな?と。乾燥肌から来るトラブルは、保湿でかなりふせげるみたいだし。ただ、本格的なうちのこのタイプの涌き出る湿疹には保湿は意味ないですが。保湿も1年中とされるらしいけれど、今は真夏、汗かかないほうがバランスわるいと思いますよ?






話がそれました。
ともかく、なにがなんでも無農薬 でもよい場合もあるし、実際に農薬いらない野菜にもあるし、そういうケースも指導では薬を使うようになっていたりしますが、






出来る限り減薬、無薬で育てるのが、畑も子育ても私は好き!
農薬使わないと出来ないくだものも沢山あるし、病気だって同じ事。ただ、なんでもかんでも
はどうかなって思う。




指導通りって、以外と薬をの回数多いんだよね。料理もレシピ通りで良いこと、まず、ないでしょ?
ちっちゃな湿疹も受診すればすぐステロイドだしね。
一生毎日塗っていいですよと言われるんですよね。その先生には、毎日除草剤と殺虫剤まいた野菜を食べて欲しいです。そういう人に限って、減農薬無添加宅配便とか利用してたりするから、むじゅんしてるなあ、と私は思っちゃう。




指導通り薬を使わないと効かない病気もあるから、時としてきっちり使うようにするときもありますが、
その場その場で、その個性やトラブルのタイプを見極めて、薬乱用しないようにするには、使い手の意識と知識、バランスが必要!





科学の力に感謝して借りながら、乱用や頼りすぎには気をつけていきたいですね!もろもろと。
本日も訪問、拍手にコメントありがとうございます。アトピー話題はTwitterで。価値観は人それぞれですけれど、私はなんとなくそんな感じで…
関連記事

プロフィール

TAKEKAWA

Author:TAKEKAWA
生まれも育ちも山梨県甲州市塩山。 
山梨の田舎で3人の子育て中の、公私混同きまぐれブログです。

2006年から、アトピー子育て支援活動を10年し、現在は休止中(拙著「子どものアトピーは自然に治す」)
-アトピー子育て支援ーTAKES⇒http://a-takes.jp/
活動専用メール✉a.kosodate@gmail.com

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2アフィリエイト