記事一覧

変わってきた食物アレルギー 経口負荷試験


私たちが子育てしていた頃は、まず血液検査、そして疑わしいものは除去食 というのが主流。





拙著に書いたように、食べならせを自宅でする我が家は 変わり者あつかいでした。







でも、15年たった今は、経口負荷試験が出来る病院も増え、「念のため除去」はやめて と医師が発信する時代に変化しました。







食べられる子供は 出来るだけ食べられたらいいし、年齢とともに 除去を卒業していけたらいい。






経口負荷試験できる施設の詳しいことは、食物アレルギー研究会のホームページにあるようですよ。参考にどうぞ!本日も訪問拍手にコメントありがとうございます!アトピー話題はツイッターで。 試験をみんな受けていたら大病院でもパンクだから、出来るだけ地元かかりつけ医院と連携して、家庭で乗り越えられたらいいな。
http://tokimekinet14.blog64.fc2.com/blog-category-36.html←拙著についての過去ブログ
。わが家の食物アレルギー乗り越え子育て体験談は、アマゾンや全国書店で販売中です
関連記事

プロフィール

TAKEKAWA

Author:TAKEKAWA
生まれも育ちも山梨県甲州市塩山。 
山梨の田舎で3人の子育て中の、公私混同きまぐれブログです。

2006年から、アトピー子育て支援活動を10年し、現在は休止中(拙著「子どものアトピーは自然に治す」)
-アトピー子育て支援ーTAKES⇒http://a-takes.jp/
活動専用メール✉a.kosodate@gmail.com

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2アフィリエイト