記事一覧

冊子発刊に寄せて 山梨大学大学院総合研究部医学域 社会医学講座 山縣然太朗 教授

冊子発刊に寄せて
山梨大学大学院総合研究部医学域 社会医学講座 山縣然太朗 教授/医学博士山縣然太郎教授



アトピーやぜんそくなどのアレルギー疾患は多くのお子様や保護者の方がご苦労されている
母子保健の重要課題の一つです。
国内外の臨床医や研究者が効果的な予防法や治療法の研究を患者様と共に精力的に行っています。
これにより、アレルギー疾患の発症メカニズムの分子レベルで解明は飛躍的に進んでいます。

一方で、社会で生活する子どもたちはその素因や生活環境も違い、動物実験などの成果が
そのまま役に立つわけではありません。
また、人を対象とした研究の成果は、条件が違ったり、新たな測定方法が開発されたりして、
最近まで信じられていたことが、新たな研究によって覆されるということが起きています。


よって、8割の患者様が治療できるような治療方法や予防法は存在しません。


さらなる調査・研究が必要です。
環境省の子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)でも
アレルギー疾患は中心的な課題になっています。
成果が出るのはまだ先のことになりますが、必ず、皆様にお役の立つ成果が出ると信じています。


現在、アレルギー疾患でご苦労されている皆様には、一つの治療法や予防法にこだわらず、
薬漬けや民間療法に翻弄されることなく、信頼できる先生や専門家とよくご相談されて、
標準的な薬物療法や予防法の情報を得るとともに、
それがご自分のお子様にとってどのように適応できるのかをお決めいただければと思います。



…………
TAKES発行冊子にメッセージを頂きました。
活動へのメッセージとも受け止め、
今後の活動に生かしてゆきたく思います。

活動ページhttp://a-takes.jp/
http://a-takes.jp/blog-category-26.html研究者から頂いたメッセージはこちら
御意見・お問い合わせは a.kosodate@gmail.com
関連記事

プロフィール

tokimekinet14

Author:tokimekinet14
生まれも育ちも山梨県甲州市塩山。 
山梨の田舎で3人の子育て中の、公私混同きまぐれブログです。

2006年から、アトピー子育て支援活動を10年し、現在は休止中(拙著「子どものアトピーは自然に治す」)
-アトピー子育て支援ーTAKES⇒http://a-takes.jp/
活動専用メール✉a.kosodate@gmail.com

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2アフィリエイト