記事一覧

赤ちゃんに保湿剤でアトピー予防研究の明暗

アトピー子育て支援場番組ママそして より

先日 赤ちゃんに保湿剤でアトピー予防 という研究について
個人的な感想ブログしました。
同様に ぎもんてんを発言している医師のブログを
教えていただきましたので、
一意見として 読んでみるのもいいと思います。


皮膚科医師の感想 ブログ


ちなみに私は 

ツイッタ―で、https://twitter.com/TAKEKAWA_A


「世の中これから 生後すぐから保湿剤を頭から爪先までぬりたくらなければ
育児放棄(アトピー予防放棄)とみなされ、
食アレルギーを起こせば アレルギー予防放棄(肌トラブルを見守る)したとして、
保湿剤と薬剤での美肌作り指導が医療機関や行政で強化されるのかと予測すると、泣きたい気持ち。」
  




とつぶやいてしまいました。https://twitter.com/TAKEKAWA_A
だって、綺麗に薬剤で肌をコントロールしていても、食アレの子いますよね。
肌トラブルなしでも 離乳食でアレルギーおこしてびっくりの子もいますよね。
わが家の様な重症アトピーは  とうてい保湿剤でも薬剤でも
治療でもコントロールが難しく てこずっていますよね。
そして そんな一生と言われるアトピーの子供を 治している母親たちも
拙著に書いたように 私だけでなく 大勢いますよね。





私の感想はこちらカテゴリーに書きました。
生まれてくる子どものトラブルを予防100パーセントすることはは難しい。
でも 予防を期待できる生活は、なんとなく想像できる。
でも こればかりは不確かななかでの 出産子育てです。




問題が発生した時に その子に合わせて対策をねる。
しかも どうしたいかは親の希望が100パーセント絡む。
希望を持たなければ 道もえらべないし、なおかつ
選んでも やりぬく人や 結果をだ出せるペースも方法も一人一人違い、
良かれと思って与えたものが間違いだってこともある。





まさしく 子育てそのものです。

医療研究と子育てのギャップは、その場 と 一生 の違い。点 と 線、焦点 と 面 。部分 と 全体。大きな声 と 小さな声。エビデンス と 体験的実感。全体数からの割合 と 唯一無二の個々の人生。

私は母親なので 研究も論文も書けませんが、
母親としてでもできることを  子育てでも活動でも 精いっぱいしてゆきたいです。
本日も訪問ありがとうございます。
過去記事にまで拍手 コメントありがとう。
https://twitter.com/TAKEKAWA_Aアトピー話題はツイッタ―で。
この研究の私の個人的感想のブログ はこちら。
長いので アトピー子育てに興味のある方だけのぞいてくださいね。
関連記事

プロフィール

tokimekinet14

Author:tokimekinet14
生まれも育ちも山梨県甲州市塩山。 
山梨の田舎で3人の子育て中の、公私混同きまぐれブログです。

2006年から、アトピー子育て支援活動を10年し、現在は休止中(拙著「子どものアトピーは自然に治す」)
-アトピー子育て支援ーTAKES⇒http://a-takes.jp/
活動専用メール✉a.kosodate@gmail.com

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2アフィリエイト