記事一覧

外来小児科学会ワークショップ「赤ちゃん・子どものアトピー治療、ステロイドは必要不可欠なものか?ステロイドフリーの治療を考えよう」

http://msato.blog11.fc2.com/blog-entry-77.html佐藤美津子小児科医師ブログより

外来小児科学会ワークショップ「赤ちゃん・子どものアトピー治療、ステロイドは必要不可欠なものか?ステロイドフリーの治療を考えよう」という題で 発表されたレポートです。




アトピー
佐藤先生には、私の参加した子育て支援番組ママそして でも
電話でご出演頂きました。
番組は ステロイド治療を受け入れているケース、また この発表の様に
ステロイド剤を回避したいケース 同様に
支援応援メッセージを伝えたく制作しましたので、





治療法にとらわれない形で お言葉頂戴しました。
ぜひ 多くの方に見ていただきたいと思います。
通常の治療では効果のない重度のアトピー性皮膚炎もあるなか、
それでも薬剤によるコントロールを患者も希望し、支持する医療機関も もちろんありますが、

そうではない 自然経過による克服を望む人も。
その姿は いまだに 目からうろこ 言われる アトピーの克服経過。
一生付き合うものだという見解が根強い中
母親たちは 悩み 迷いしながら 我が子のケースに当てはまる
有効な 改善策を模索しています。
医療機関で受けられる克服の道のりは まだまだ理解も少ないのですが、




確実に存在しています。
社会の理解 医療機関の充実を 願わずにいられません。
ちなみに 我が家も同様なケースを経験し出版したところ、
統合医療の先生方のグループにも拙著を紹介いただいてありました。
赤ちゃんのアトピー自然治癒子育てを経験した 拙著。
参考になさってください。
http://togoigaku.net/category87/entry329.html
子供のアトピーは自然に治すアトピー本

全国書店 又は アマゾンなどネットでもこちらからどうぞ。

※通常 受診すれば標準的な薬剤処方がほとんどですが、
疑問に思う方、また 自身の経験から合わない方は、
ステロイドを使わない治療を研究する医師のグループもありますので、
受診や書籍や勉強会 講演会なども 参考に、
我が子に当てはまる部分を自分で考えながら、
けれども  標準的な薬剤のコントロールも 時と場合によっては視野に入れながら、
改善してきてほしいと思います。
本日も訪問ありがとうございます。アトピー話題はツイッタ―で。
拍手からコメントできます。
関連記事

プロフィール

TAKEKAWA

Author:TAKEKAWA
生まれも育ちも山梨県甲州市塩山。 
山梨の田舎で3人の子育て中の、公私混同きまぐれブログです。

2006年から、アトピー子育て支援活動を10年し、現在は休止中(拙著「子どものアトピーは自然に治す」)
-アトピー子育て支援ーTAKES⇒http://a-takes.jp/
活動専用メール✉a.kosodate@gmail.com

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2アフィリエイト