記事一覧

膝枕耳かきタイム

思春期の 中学三年生長男。この二年間は嵐のような日々でした…。
が、最近 付き物が落ちたみたいに、素直になって。。
今日は急に 「おかあさん久し振りに耳ほって」と、ぶっきらぼうに頼んできて、おかあさん感激。
宿題やりはじめたばかりだったけど「いいよ~♪」なんてしてやったら、






たださぼりたかっただけなのか、そのうち寝ちゃった。 やられた…。
ワ―クどうすんだ…







そういえば、まだアトピーひどかった頃も、耳かきしてあげると膝枕で寝ちゃったなあ。
かわいすぎて写真残してあった。私は真剣すぎて顔が怖い。。
まだ湿疹だらけで、口もきかなくて、でも私の言いたい事はほとんど伝わっていて、
 膝をトントンと叩いて「耳掃除しよ♪」と言うと
ごろんと寝ころんできて、
「お風呂だよ―」と言うと、まだはいはいの頃から お風呂場直行!
服を自分で脱ごうとしたり、可愛かったなぁ。





お風呂も大好きだったし、お散歩もお出掛も大好き。
肌トラブルある姿の写真がわが家には一杯!!






ステロイドを強制し 常にきれいな状態でいるように指導する医師の中に、
アトピーの姿のあるままにすると笑顔が無くなり 
精神衛生上 成長過程に良くありません
 アトピーの子は笑顔が無い。
親は気づいていないが、あの姿は虐待です」と
発言を見聞きしますが、
それは
「アトピーの姿がある子供を 笑顔で子育て出来ないから」ではないか…
何らかの間違った方法でひどくしている人もいます。
そんな場合や、親子とも耐えられないケースは、薬できれいに出来るのであれば、
親も子も楽になるならば その方が良いと思います。

年齢的にも アトピーの姿が負担になるケースもあって、 
かたくなにステロイドを避けている人を見ては 薬治療が合うのなら受け入れるのもいいのでは
と想うことありました。
もちろん、親子とも負担に感じず 薬をやめて乗り越えてしまうケースも知っています。





でも、色々と考えて、色々な理由で、そうしたくない 薬で綺麗にしたくともならない人に
強制したり 決めつけるのはおかしい。
私は そう思います。







子供は親の顔 良く見てます。
親が笑うと 子供も笑う。
親が楽しむと 子供も楽しむ。
アトピー

もちろん この姿を平気な親はいませんし、心の中は泣いて不安でいっぱいですが、
子供の前と 外に出るときは、えい と気合を入れて 笑う(化粧もして(笑))


その昔1歳半検診で、保健師さんに「お母さんはお化粧して顔をきれいにして
子供のことなんて考えてなくて平気かもしれないけど
こんなに傷があって子供はつらいのよ。わかる?」と
健診会場で言われたっけ。。
ほんと 泣きそうだったし、「あんた、アトピーのことどれだけ知ってるの?」
と言いたかったけど、笑顔で 「すみません…治るように色々気をつけて様子見ていますので」
と言って帰ってきた。。



先生にもひどいこと言われたっけ…
健診で隣の人はステロイドで治療してて、先生の言うとおり米も除去してて通院中で、
「アトピーは気長に治療が必要だから、がんばってね。うちは高校生まで小児科だけど見てるから来てね」
なんてはげまされてて。。
その後も3才健診になっても通院していたなぁ…段々良くなっているといいけど。。
で、「こんなに湿疹だらけで跡になりますよ。良いんですか」
「治るなんてありえません。見てみたいもんですね。治ったら連れてきてください」
と 散々言われた我が家ですが、3歳には綺麗になっていた子供たち。
「御心配おかけしましたが、その後アトピー治りました」と言っても、そのことには一切触れてもらえず、
3歳児検診は何事もなかったように済んでしまったなぁ…
「みんな治らないで苦労しているんだから、ほったらかして治ったんなら
アトピーじゃないのよ」と言われたっけ。。



ほったらかしてないんだけどな。。





さてさて、
我が家は 笑顔のアトピー息子、娘の写真がたくさんありますよ。
もちろん、滲出液でひっつれてしまう時期は無理ですが、
湿疹に気持ちをひきずられることなく、笑顔になれたのは、
治るということが見えていたから。





アトピー子育て中のママが
「ずっと眉間にシワが寄った生活で、写真もありません。お風呂も入れたことない。」
「出かけるのも病院だけで、人目を気にして行けませんでした」
「薬つけても 上手コントロール出来なくて、なんできれいにしてこない と先生に怒られて辛い…」と、
今までも何人も言っていて、残念でした。
先日もそんな声を聞き、どうしたらいいのかな と切なくなりました。





肌がむけてるからしみるに違いない と決めつけないで、
笑顔でお風呂も入ってみてほしい!案外 気持ち良く入れましたよ。
下手に色々入浴剤などは入れない方がいいです。わが家は普通の水道水風呂でしたが、
数百万もかけて温泉引いてる経験談も多いですよね。。。
それも含め、アトピー克服経験者の多くがお風呂は普通に入っていた事、
我が家も代謝を良くするために リラックスするためにふつうに入っていた事
拙著に書きました。参考までに。






「跡になる 治らない」と言われた
重度アトピー息子も、拙著のような自然治癒後も お陰様で 保湿、薬いらずに生活していますよ。
(内臓よわめで唇は荒れるのでリップは年中必要ですが…)
アトピー特有の肌質を脱ぎ去り、日に焼けた健康的な首筋を見ると
昔の姿を思い出す…





ゴワゴワしわがれた首に、湿疹だらけの顔。
汁が服にまでしみ出る せなかの貨幣状湿疹や、
そして 一日数回やってくる、かゆみ。。かきむしり。
今はもう(3歳の頃から) アトピー症状は姿をあらわさず、拙著後も御蔭さまで
色々気を配りながら 年々たずなをゆるめながら、
アトピーは出てこないように暮らせています。




思春期の嵐のように、アトピー子育て中も、症状が爆発しすぎて「もう限界…。」と思った時も、
試行錯誤して我が子に合うアプローチを、自分で調べて実行改善したけれど、
本当にそれが良かったかは正直不明。







でも、手を子招いているだけではなくて、あきらめてしまうのではなくて、
真剣に向き合わないでごまかしていまうのではなく、
その時々の子育ての悩みを周囲に聞いてもらったり、アドバイスもらったり、
書籍を色々と読むことは無駄じゃなかったですよ。









ほんと、思春期同様、子供の肌トラブルも色々なタイプがあるから。
母親のタイプによっても、今までの子育てによっても、受け取り方、症状や対処法は違うようです。
経験談や 色々な指導者の意見はそれぞれとても参考になって反省しきりでした。
子供が発信している体と心の声に向き合って、
情報を仕入れて、その中から子供に合うことを取り入れ
試行錯誤しながら自分で選ぶ。
そして
やるだけやって時期を待つ。子供を信じる。って、アトピー克服も思春期乗り越えも一緒でした。





過ぎてしまえば笑い話ですが、 まあ、大変です。子育て。でも、幸せな時間 ですね、子育て。
子供のトラブルや成長に 私も、色々と勉強させてもらえて、人として母親として進化中です。
本日も訪問、過去記事にまで拍手ありがとうございます。
拍手からコメントできます。アトピー話題はツイッターで。 いつまで膝枕をせがんでもらえるかな…

拙著を読んでくださった方から、「アトピー-を自然に治したお子さんたちは 今どうですか?」 と
感想質問いただいたので、久々近況報告です。拙著感想もらえれば 時間見つけて書きますね。
拙著はこちら我が家の 乳幼児アトピー克服子育て体験記
関連記事

プロフィール

TAKEKAWA

Author:TAKEKAWA
生まれも育ちも山梨県甲州市塩山。 
山梨の田舎で3人の子育て中の、公私混同きまぐれブログです。

2006年から、アトピー子育て支援活動を10年し、現在は休止中(拙著「子どものアトピーは自然に治す」)
-アトピー子育て支援ーTAKES⇒http://a-takes.jp/
活動専用メール✉a.kosodate@gmail.com

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2アフィリエイト