記事一覧

リンゴアレルギー

果物のアレルギーって こんなふうに色々ありますよね。
我が家の子供たちも 拙著我が家のアレルギー・赤ちゃん湿疹・アトピー克服子育て体験記(全国書店・ネット書店アマゾンなどで販売中)にも書きましたが、







モモや リンゴ キウイフルーツ さくらんぼなどなど 
長男君には 果物で苦手な物 食べるとのどや口の中がかゆくなる物 があります。
拙著にも書きましたが 除去 と言うキツイ言い回しは好きではないですが
お休みする と言う感覚で 給食もですが自分で食べないようにしてきました。






ただ キムチにリンゴが入っていてもだいじょうぶだったり
アップルパイは大好物だったり
 りんごジュースは飲めたり と
かなり緩い感じの対処方法の我が家。










事の始まりは、2歳くらいから。フルーツを離乳初期には与えずに育ててきましたが
 「リンゴは医者知らず」 なんてことわざを信じ
毎日のように公園弁当に持参して食べさせ過ぎたからか、(ゴマもね)
幼稚園のころから 急にリンゴ ゴマ その他フルーツは痒くなってしまい。給食では残していました。
それが、小5位に 胡麻和えも大丈夫になり、そしてついに
中学2年の今、リンゴをひと舐め、サクサクっと食べて見たところ…(あくまで本人意思で)







「あ、お母さん おれ リンゴ 大丈夫かも」と
なんとなく隣でむしゃむしゃリンゴをほおばる兄弟に感化されて口に入れた先日、
結果オーライで リンゴ 大丈夫になりました。








卵は食べられるようになるまで かなり荒療治的に与えて 乗り越えましたが、
(良い子まねせず、今では負荷試験病院あるので探してね。)
フルーツは 食べられていた物が アレルギーを起こしてしまって、
(アレルギー科の先生にも
食べたら危険です(死にます的な呪いの言葉))と言われたりで、
解除は難しいかな と 内心あきらめていましたが、






本当によかった…







そんな感じで 我が家の子供たち 年々変化しています。
末っ子ちゃんの小麦じんましんも 今ではラーメン大好き女と化し、
外食でも 自宅で生めんゆでたりも 結構好き。
美容を考えるとあまり喜ばしくないけど。。まあ めんどくさい時なんか なんでも食べられるってほんと助かる。
でもなぜか 学校給食のラーメンは唇がかゆいと残します。
なんだろ… 刺激になる成分を知りたい。。 







アレルギーの実態は まだまだ解明されず わからないことだらけですし、
個人差 また 医療機関の見解も様々ですが、
最近では 以前もブログしたアトピー
ように、「食べられるようになるための 除去」と言うような先生に出会えば、
今は アレルギーだけど まあいいか とか、ちょっとお休みしよ
みたいに どっしり構えられて、アレルギーに振り回されないで 子育て出来るのではないかな。
私が拙著に書いたような 自宅でアレルギー食べ慣らせ子育てをしなければならなかったのは、
 よくわからないアレルギー見解が主流だった時代だったからで、(詳しくは拙著をどうぞ)
あわやひえを食べろ とか 米も卵も肉も一生除去 みたいな見解は段々影を潜めているので、
これからの子育てには  アレルギー体質の子供を普通の生活の中に飲み込みながら








どうか だんだん食べられるように育ててあげてほしナ と思います。
応援メッセージになれたら と、我が家のアレルギーのその後 ブログしました。
食物アレルギー子育ては不安でいっぱいだけど、それらは母の懐にしまって
楽しく食事をしながら 健康に育てたいですね。
本日も訪問コメント 過去記事にかで拍手 ありがとうございます。
アトピー話題は ツイッタ―で。





アレルギーも アトピーも ぜんそくも、症状をお薬で抑える事も一つの道だけど、
我が家はやっぱり なんとなく 体全体のバランスを整え 体で経験しながら対処しながらならしたり、
薬を使わずにすむように 消化吸収丈夫さを年々強化する事で 反応を小さくしてゆき乗り越えたい な。
時代錯誤な昭和以前の家庭の医学で乗り切るお母ちゃんの私は いまだ 健在です。。
※少し食べるなら大丈夫になった と喜びましたが、やっぱり生は喉が痒くなるみたい。残念。
でも 排除して除去して 親が言い聞かせているだけではなく、自分で体験して判断できるようになれて
 それだけで 我が家としては十分です!2014・2・8追記
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tokimekinet14

Author:tokimekinet14
生まれも育ちも山梨県甲州市塩山。 
山梨の田舎で3人の子育て中の、公私混同きまぐれブログです。

2006年から、アトピー子育て支援活動を10年し、現在は休止中(拙著「子どものアトピーは自然に治す」)
-アトピー子育て支援ーTAKES⇒http://a-takes.jp/
活動専用メール✉a.kosodate@gmail.com

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2アフィリエイト