記事一覧

今年も花梨の季節

白菜をつけたり たくあんをつけたり 
私はしませんが ころ柿を作ったり
P1000277.jpg


冬の農村女性の仕事が忙しくなる今日この頃
本業の旅館業も 年末年始と忙しくなるのですが
実家の虫食い畑の花梨たちも 今年も鈴なり
P1000258.jpg
子供たちが小さい頃は よく ぜんそくの対処に 父が作ってくれた
花梨のどあめ


花梨のどあめ について 過去記事はこちら
ここ数年 ぜんそくの発作もなく 花梨のどあめの出番もなく
ショップでもお分けすることなく(一昨年 昨年はテレビ番組制作の話で気ぜわしく…)
3年前に仕込んだ物を 自宅用に保存していましたが






長男の咳が1週間とまらない…
思い出して 花梨エキスを無理やり勧めてみると(中学生にもなると 母親の言うことなんて聞かないの…自分で風邪薬勝手に買ってきちゃうし…私は未だに 風邪で薬飲ませないから。。)
まあ不思議。
翌朝には 咳が止まってしまいました
ほんと、のどあめになるわけですね。
おそるべし 花梨エキスの威力。





今年はがんばって しこんでみたいと思います。
先日立て続けに 知人におすそわけしてしまって、
最後のひと瓶が無くなると 我が家の子供たちの分もなくなってしまうし、
家に常備していないと やっぱり不安。






P1000392.jpg
ネットショップでお分けできるかは分かりませんが、
仕込んでおきたいな と 久々子供たちに飲ませて感じました。
効き目を聞きつけてほしがる人にあげて喜ばれたし、
旅館のお客様にも お土産でよろこばれましたし
せっかくの山梨の自然の恵みを 有り難く活用しなくっちゃ。
P1000262.jpg





今年は在庫切れで のどあめの状態ではお分けできませんが、
無農薬で育てた 花梨そのものは お分けできるかもしれません(予定は未定です。)
その時には ブログにアップしますね。
本日も訪問コメント過去記事にまで拍手
ありがとうございます。
アトピー話題はツイッタ―で まとめは自動的。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tokimekinet14

Author:tokimekinet14
生まれも育ちも山梨県甲州市塩山。 
山梨の田舎で3人の子育て中の、公私混同きまぐれブログです。

2006年から、アトピー子育て支援活動を10年し、現在は休止中(拙著「子どものアトピーは自然に治す」)
-アトピー子育て支援ーTAKES⇒http://a-takes.jp/
活動専用メール✉a.kosodate@gmail.com

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2アフィリエイト